ナースではたらこのサイトを利用して有利に就職をしよう

男女

精神科医師のニーズ

女性

精神科の求人傾向は、近年のストレスフルな世相の為か、長い期間数多くの求人を見つけることが続いています。しかし、精神科の求人の募集要項には、医師希望や精神保健指定医を希望などの細かい要望があり、指定医の有無を問わない求人には応募が殺到しているのが現状です。その反面、内科領域の豊富な経験がある先生や指定医を持っているのであれば、自分の要望に合った求人募集が見つかる可能性は非常高くなります。他には、他診療科から転科することもスムーズに受け入れられることが精神科の医師求人の特徴として上げられます。精神科医師の倍率は、年々増加傾向にあり、16年間で約1.5倍にまで増加しており、精神科への社会のニーズも求人倍率と共に増加しているので、これからも精神科医師求人の増加は続くでしょう。さらに、現員医師数と必要医師数から潜在的な求人倍率は1.11倍です。まだまだ、求人ニーズの方が、精神科医師数よりも上回っていることも分かります。他診療科から精神科への転科は、転職市場においては、問題はないようです。ただし、面接でなぜ、精神科に転科したのかは必ずといっていいほど聞かれます。一般的には、分け隔てなく全般を扱うというよりも、専門分野やゼネラルな応用の効く医師を採用する傾向があります。また、求人を見る際には、残業時間や当直の調査もしておくと良いでしょう。精神保健指定医を持たない人は、就労条件が不利になることがあるので、しかっりと調べることが大切になります。