ナースではたらこのサイトを利用して有利に就職をしよう

男女

家庭との両立

病院

女性における社会進出で大きな需要を生み出しているのが医療福祉機関であり、そこで働く看護師という職業です。結婚、出産、子育て、家事などによって離職や転職するケースが多い職場でもありますが、その理由もあって求人情報では絶えることなく看護師を求めるものとなっているのが現状となっています。転職を考える看護師にとって求人情報で第一に目にするものは「診療科目」となります。総合病院においても配属される分野は必見となるものです。医師の指示のもと看護ケアを行う職業でありながら、各診療科目における業務内容あるいは知識は明らかに異なるものとなります。よって、診療科目を基準に給与や業務内容、勤務体制を比較し転職への第一歩を踏み出すことになります。未経験の診療科目へのチャレンジ、新たな知識習得を求める者にとっては大きな決意が必要となることは間違いありません。

病院とクリニックを比較した場合には病床数の関係上、日勤や夜勤の勤務体制が大きく異なるものとなります。これは、診療科目においても同様のことが言えるものであって、2交代制のある診療科目、日勤のみの診療科目と様々です。時には、残業時間の偏りや、救急患者受入れの科目によってオンコール制となるケースもあります。業務内容や知識が異なる事は先ほど述べましたが、これを詳しく掘り上げると使用する薬品、使用する医療機器、処置の方法、申し送り内容、患者説明などが挙げられます。同一看護師免許を持っていたとしても、看護師の業務内容や知識、技術は診療科目に左右されるものであり、新たな診療科目へ転職する看護師にとって、採用後がキャリアを積み上げるスタート地点となります。